バームうえぶろぐ

フォーリン キングダム

映画「ジュラシック・ワールド 炎の王国」
すっかりバイオな陰謀映画…
かつてのパークの有る島が火山噴火で絶滅の危機と言う設定
まあでっかい恐竜が暴れ回る様子は楽しいのだが
人間側があまりにもバカらしい感じなのでなんだかなーって所
最初の恐竜を観に行くワクワク感とかは無いが
それでも恐竜が歩いているのを観るだけで楽しいから不思議
結局それだけで良いような気もするけど
  1. 2018/07/14(土) |
  2. 映画それは娯楽なのだ

ダース キーラ

映画「ハン・ソロ」
やはりソロの魅力はハリソン フォードのおかげだったと…
ジェダイでも無いしただの運び屋でアウトロー気取りの若者の物語としては
まあまあの出来だとは思うのだが、スターウォーズ感は低め
チューイも頑張っているしランドも良い感じだが
悪役も帝国ではなくほぼ犯罪組織なのも物足りない要因か
ソロより恋人役の方が遥かにミステリアスで魅力的な感じだ
今回はいかにも外伝として楽しむ映画かな
  1. 2018/06/30(土) |
  2. 映画それは娯楽なのだ

砂漠のプリンス?

映画「フューチャー・ワールド」
よく有る終末戦争後の人類と言うやつだ
砂漠とバイクでマッドマックス風の味付けにして
味付けとしてアンドロイド目線の語り口にして
さらに世間知らずのオアシス育ちの少年の成長もプラス
何故だかフォールアウトの変なクエストって言う雰囲気だった
まあ特撮とかも少ないし安く仕上げましたと言う映画だった
  1. 2018/06/23(土) |
  2. 映画それは娯楽なのだ

デス キューブ?

映画「メイズ・ランナー 最後の迷宮」
最早迷路もヘチマも無いが一応何とか完結編
なにやら1作目の連中も登場するがよく覚えていない
しかも似たような雰囲気の話も多いので
何もかも薄っすらとした記憶の彼方から
という訳で結構ハード目の感動シーンも何てこと無し
お話自体はそれぞれの人物が主義を貫いていて
なかなか良く描かれていると思う
でも安っぽいSFにするよりも
最初のファンタジーな迷路の怪物の方が面白かったなー
  1. 2018/06/16(土) |
  2. 映画それは娯楽なのだ

羊の毛のフエルト

映画「羊と鋼の森」
そもそもの題材があまりにも地味なので
到底映画には向いていない気はするが
よくある昔のフランス映画的なものより
色々工夫して結構良い具合に仕上がっていました
調律どうこうより結局ピアノの演奏の方に感動するのは仕方なし
フェルトとピアノ線で見事な音色を奏でる様子は興味深い
それにしても小説ならともかく映画的には地味だなー
  1. 2018/06/09(土) |
  2. 映画それは娯楽なのだ
次のページ


| 管理者ページ | RSS |
gif-img ケロバームへ…

FC2Ad